SHIMIZU KENICHI OFFICIAL HOMEPAGE  
清水けんいち政治姿勢新深谷市のために頑張るべぇ!

サイトメニューTopページ政策政治姿勢プロフィール活動リポート事務所案内
ラインイメージ

清水けんいちBLOG


・住所 : 深谷市小前田2406-8
・TEL : 048−584−0717
・FAX : 048−584−0396
日中連絡先
・住所 : 深谷市荒川2002
・TEL : 048−584−0395
・e-mail : info@shimizu-kenichi.jp>

ラインイメージ

 
清水けんいち ご挨拶 子どもたちの未来のために!清水けんいちは市政に挑みます

我国は、世界に例を見ない急激な人口減少社会に突入しました。更に、今までに経験のない超高齢化社会への対応も急がなければなりません。

行政が何もせずに手をこまねいているだけでは、確実に深谷市の人口が減り、結果として財政が逼迫することになるでしょう。では、どのようにして人口を増やすのか、一つ目は、交流人口を増やすということです。これは、花園インターチェンジ拠点整備プロジェクト(アウトレットモールの誘致)の成功が鍵を握っております。

二つ目は、定住人口を増やすことです。特に 若者定住促進事業を推進していかなければなりません。まず、人口の流 出を抑えるため「3親等定住促進事業」を提言させていただきます。これ は、親の住居から約1キロ圏内に子や孫が家を建てる場合、農地法な どの規制を緩和し、固定資産税などを一定期間免除するなどの優遇措 置を講ずるもので、祖父母が孫の面倒を見たり、子らがお年寄りの面倒 を見ることができて、扶助費の削減にも繋がります。そして、若者定住促 進事業は、子育て世代の人たちが、他市から家を建て、転入してきた場 合、固定資産税等を同じく一定期間免除するというものです。

その他にも、「くるりんバス」などの公共交通網を見直すと共に、医療・福祉・商業施 設などの立地を誘導し、超高齢化社会に向けた都市再生に着手しなければなりません。“住みやすく、暮らしやすく、子育てしやすい街・深谷の 実現”のため、新しい柔軟な発想で挑んで参ります。







 

ページの一番上へ
Copyright (C)2007 Shimizu Kenichi Official WebSite. All rights reserved.